紙ショーツを履くので恥ずかしさ軽減

2014年10月16日 / 未分類

}PgžxQ

 

デリケートゾーンの脱毛を行う人が増えていますが、メリットが分かっていても恥ずかしい部分となるため抵抗があるという人が多いはずです。

 

人に見せることはほとんどない部分ですから恥ずかしいと感じるのが普通ですが、ほとんどのサロンやクリニックでは紙ショーツを着けて施術を行うのが一般的です。もちろんですがサロンやクリニックによって施術方法が異なるため、下着を着けずに施術を行う場合もあると言えます。施術ではショーツをずらしながら光を照射していくため、完全に女性器が露出されることはありませんので恥ずかしさは軽減されていると言えます。VIOですからIラインの施術を行う際にはショーツをずらした際に女性器が露出してしまうことがありますが、僅かな間のことですから完全に露出した状態で行うよりははるかに恥ずかしさを軽減することが可能です。

 

Iラインは女性器側面をいいますしOラインは肛門周辺ですから、アンダーへの脱毛の中では最も恥ずかしい部分と言えます。完全に何もつけずに施術を行うところもありますので、恥ずかしいことで施術を踏み切れないという人は施術方法に関して事前に情報を得てから選ぶことが大切です。実際には施術の痛みによって恥ずかしいどころではないという感想が多くなっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る